臭いを抑えるメカニズム|自分がワキガなのか気になったらまずはセルフチェック

自分がワキガなのか気になったらまずはセルフチェック

臭いを抑えるメカニズム

美容クリーム

保湿成配合の理由

ワキガクリームには消臭成分や制汗成分だけではなく、保湿成分も一緒に配合されているのです。なぜなら、肌は乾燥すると体臭がきつくなる傾向があるため、消臭効果を高めるためにほとんどのワキガクリームは保湿にも力を入れて製品を開発しています。ワキガ臭と肌の乾燥の関係は一般的にはあまり知られていません。けれど体臭の原因となる皮膚表面の黄色ブドウ球菌、真菌などの細菌類は、乾燥肌に出てくる白い粉が好物です。白い粉の正体は皮膚から剥がれ落ちた角層細胞ですが、角層細胞が増えると細菌類が繁殖しやすくなります。肌を殺菌するだけならアルコール消毒でも済みますが、消毒効果の高い成分は皮膚に刺激が強く、激しい乾燥を引き起こします。肌を乾燥させないためにも保湿効果の高いワキガクリームでケアするのが一番です。

腋毛のお手入れも大事

効果の高いワキガクリームを塗っても、腋毛の量が多いと浸透させにくいことがあるのでご注意下さい。脇の下に大量の腋毛が密集していると、ワキガクリームも塗りにくいので塗布する時間が余計にかかります。ムラなく塗るのも難しいので、塗り損ねた部分から細菌が繁殖し、効き目が長持ちしにくいこともあります。脇は汗が溜まりやすい形状で、常に高温多湿状態です。もし臭いが気になる時は腋毛のお手入れに励むとワキガクリームの効果も出やすくなります。女性はもちろん、男性も臭いコンプレックスを解消するために、腋毛を剃ることをおすすめします。慣れないと違和感を感じるかも知れませんが、服を着ていれば腋毛がないことに気づかれません。裸になる機会があっても両手を上げない限り腋毛がないことは分かりません。腋毛を剃って腋毛クリームを塗りやすくして、体臭コンプレックス解消を優先しましょう。